グランド工房

グランド工房

2021/02/15 / 住まいの雑学

台風が来るときに覚えておいてほしいこと。外構編

ある時期には頻発したり、お住まいの地域によっては大きな被害も出てしまう台風。
お家だけでなく、むしろお庭は特にそのダメージを受けやすいです。
台風は外構にとっては大敵!
そんな時は、いつもお家を守ってくれている外構を、ご家族みんなで守ってあげてください。

①伸縮門扉(アコーディオンゲート)は門扉をたたんだ状態にしましょう。

伸縮門扉(アコーディオンゲート)といって、アコーディオン型になった伸縮性の扉は、取り扱いに注意が必要です。例えば、駐車場などにこの伸縮門扉を採用しているお家も多くあります。

アコーディオンの部分が、風にあおられて広がったりバタバタならないよう、しっかりとたたんで下さい。

さらに、ひもなどで柱にしばっておくと、動きをより制御できて安心です。
もしも、伸縮ゲートを広げたままにしておくと、ゲートが風にあおられて変形したり、倒れる可能性があります。

②両開き門扉は、閉めましょう。

門周りに設置されている門扉の注意点です。風にあおられないよう、扉を閉めて鍵もしっかりと掛けてあげましょう。
ここでの注意点は、扉を閉めただけで安心してしまうこと。鍵を掛けずにいると、扉がガタガタと動いてしまい危険です。また、傷が付いたりする可能性もありますので、気を付けてくださいね。

落とし棒での固定もお忘れなく!安全性も格段に上がります。

③サポート柱付きのカーポートがある方は、サポート柱をつけましょう。

オプションのサポート柱をお持ちの方は、サポート柱をあらかじめ装着しておきましょう。安定感がぐんと上がります。装着方法は各メーカーや商品の取り扱い説明をご覧ください。

↑↑サポート柱で強風による揺れを抑制します。

さいごに。懐中電灯や非常食の準備と避難場所の確認をしましょう!

ここまで対策はできるといっても、最後には身の安全を守ることが一番大切です。懐中電灯や非常食などを準備し、避難の必要がある時のため、避難場所もしっかりと確認しておきましょう。
なお、外構部分が台風で被害にあってしまった場合は、ご自宅の火災保険が使える可能性があります。

ご参考記事↓(下記タイトルにカーソルで触れていただくとアクセスできます)

台風が来るときに覚えておいてほしいこと。お庭編

 

 

  • 施工事例集のご紹介
  • 最新事例集をプレゼント
ページの先頭へ戻る